就職活動は彼氏・彼女(パートナー)探しと同じ

私が大学生向けのキャリア授業でよく話すことを書いていきます。

就職活動はパートナー探しと同じ

私は大学生に、「就職活動は、付き合う彼氏・彼女を探すのと同じ」(同性が好きな人もいるかもしれないので、「パートナー」と表現します)と話しています。大学生は就活を、入学試験のような「合格・不合格」でとらえがちです。しかし就活は、学生も企業も、お互いに良い相手を探し合い、出会う機会です。入試のように一方が能力を評価して合否を決めるのではなく、両者が相手を評価し合う「マッチングの場」、言い換えると、相性診断のようなものです。

就活が男女の出会いに似ている点は、いくつかあります。まず、付き合う相手に出会うためには、自分が動かないといけません。教室で気になる人に声をかけたり、サークルに入ったり、出会い系アプリに登録したりしないと出会わないのと同じです。

また、そもそも世の中にはどのようなタイプのパートナー候補がいるのかを知ることが必要です。その中で、自分の好きなタイプがわかっていないと、お付き合いできません。また、すべてのパートナー候補に会ってから決める訳でもありません。何度か会ってみて、お互いが良いと思えばお付き合いできます。つまり、多くのパートナー候補に出会い、好きなタイプを明確にするために、インターンシップや説明会に参加すると思えばよいのです。

一方、就活がパートナー探しとは違う点もいくつかあります。パートナーの場合、2人以上を同時に好きになると問題ですが、就活の場合は、同時に何人(何社)を好きになっても構いません。なぜなら、相手企業も多くの学生を同時に好きになるからです。また、卒業という期限があり、それまでにとりあえず1人、付き合う相手を決めないといけない点も違います。

就職が人生の大きな転機であることは確かですが、「一生の伴侶を決めなければ」と考えると、決断しにくくなります。私が「とりあえず3年くらい付き合う相手を決めるつもりで、イヤならそこで相手を変えてもいいんだよ」と話すと、前向きな気持ちで就活に取り組める学生が多くなります。

 

関連記事

  1. ソフトテニス(軟式庭球)経験とJSTA委員になるきっかけ

  2. NPOファザーリングジャパンのインタビュー記事:人生の優先順位は、常に家族が一番

  3. 新しい働き方(4)社会起業、NPO設立

  4. ブラック企業を見分けるには?就職転職のときには、ここに注意!価値観によって判断基準が変わる!

  5. キャリアとは何か:人生はステージごとに役割の組み合わせが変わる

  6. 企業の寿命は30年(1)変化の激しいVUCAの時代