面接のポイント(4)想定質問について練習しよう-2

想定質問の続きです。

<自己PR>

Q.あなたの強みは何ですか?なぜそう考えるのですか? ⇒ 最初に「私の強みは、〇〇と××です」のように、結論を簡潔に話してから、具体的エピソードを簡潔に話しましょう。アルバイト先の店長さんや友人などの他人が、あなたを「こういう人だと言う」というと、自分自身をほめやすくなります。

Q.あなたの弱みは何ですか? ⇒ 弱みは、強みの裏返しのことが多いです。自分が弱みに気づいていて、それが問題にならないように注意していること、が大切です。

<志望理由>

Q.志望理由を教えてください ⇒ 最も大事な質問です。次の3つの質問、「なぜその業界に興味をもったか」「なぜ当社なのか」「当社でどんな仕事をしたいか」の回答も含めて、簡潔に90秒でまとめる練習をしましょう。自分の体験に基づくエピソードを話すことが必要です。志望理由については、いろいろな視点で追加質問がありますので、最初にすべてを話そうとしなくても大丈夫です。

<キャリアビジョン>

Q.3年後にはどのような社会人になっていたいですか?どんな仕事をしていたいですか? ⇒ その会社に入社したと仮定して考えておきましょう。例えば3年後には「〇〇の営業として社内で認められて、大都市の大きな顧客を担当したい」「△△の専門家として、顧客から一人前と認められるようになりたい」といった回答が考えられます。

Q.5年後、10年後には、どのような仕事をしたいですか? ⇒ その会社のキャリアパスをよく確認して、考えておきましょう。例えば5年後には「営業からマーケティングに異動できるように認められたい」「主任として、後輩の面倒が見られるようになりたい」といった回答があり得るでしょう。10年後には「管理職としてチームのリーダーになりたい」「海外駐在にチャレンジしたい」といった回答が考えられるでしょう。

<本気度を試す質問(最終面接に多い)>

Q.他社の選考状況はどうなっていますか?内定はありますか? ⇒ この質問には、全てを正直に答える必要はありません。時期と志望度により、答え方に工夫が必要です。大学4年の4月頃までなら、「まだ内定はありません。御社に内定をいただけたら、前向きに考えます」と言えばよいでしょう。5月以降だと、内定が無いのはむしろ不自然なので、「1社から内定をいただいていますが、御社が第一志望です。なぜならば・・・」でもよいでしょう。

他にも、最終面接での次のような質問には、本気でその企業に入りたければ、笑顔で「Yes」と答えられるようにしておきましょう。

Q.転勤はできますか?

Q.土日が忙しいかもしれませんが、大丈夫ですか?

Q.残業が多い時期もありますが、大丈夫ですか?

Q.給料が安いと感じるかもしれませんが、大丈夫ですか?

Q.忙しいですが、成長できることは約束します。チャレンジできますか?

<逆質問>

Q.当社に対して、逆に質問はありますか? ⇒ その会社に本気で入社したければ、聞きたいことはいろいろあるはずです。質問が無いのは、本気でないか、企業研究が不足しているかのどちらかです。少なくとも、5つくらいは用意しましょう。ただし、ホームページに書いてあることや、給料・福利厚生に関することは聞かない方がよいでしょう。

質問例

  • 「〇〇事業部の海外展開について、可能な範囲でもっと詳しく伺えますか?」
  • 「新サービスの△△は、既存製品と何が違うのか、もう少し伺えますか?」
  • 「内定を頂けた場合、入社までに勉強しておいた方がよいことは何ですか?」
  • 「御社で成功している営業パーソンに共通することは何でしょうか?」
  • 「将来は女性管理職になりたいのですが、御社で管理職として活躍している女性は、若いときにどんな努力をしていますか?」

このように、「自分はこの会社にとても興味があり、努力をするヒントがほしい」という視点が、前向きで好ましいと思います。

関連記事

  1. エントリーシートのツボ(1)人気企業の倍率は100倍以上!

  2. ソフトテニス(軟式庭球)経験とJSTA委員になるきっかけ

  3. 自分に適した仕事の探し方:3つの問いの重なり合う部分を考えよう!

  4. ソフトテニス:関東学生春季リーグ@白子を観戦

  5. 面接のポイント(5)オンライン面接とグループディスカッション

  6. ポッドキャスト『2030年のキャリア戦略』第28回 多様性(ダイバーシティ)とは何か:異なる価値観を受け入れるメリットとは?(2023年8月10日配信)